• 公募概要

    詳細は公募要領、もしくは、説明会動画にてご確認ください。

    応募資格

    申請事業に関連する実績を持ち、説明責任と情報公開を徹底する意志のある法人。
    助成最終年度に助成予算の2割以上の自己資金の確保が必要です。

    (株式会社の場合、定款に申請する事業と関連する目的もしくは事業内容が明示されていることが条件になります)

    助成対象事業

    何らかの困難を持つこども・若者・母子の課題への早期介入を行い、かつ、ICTを活用した問題解決の展開を目指す事業。応募団体の事業の拡大だけではなく、当該分野の福祉的支援/サービスのあり方を塗り替えていく道筋を示すことを期待します。

    具体的には、ICTシステムを持つ法人がこれまでリーチできなかったハイリスク層の問題解決を行うことや、福祉現場を主導する団体がICTシステムを活用しながら広域的な問題解決を行うことを想定しています。

    いずれの場合も、サービスの提供にあたって大量のデータを扱い、そのデータを業界横断的な問題解決や事業化に活用して頂くことを想定しています。

    助成額

    1団体あたり、最大6,000万程度(年間1,200万円程度の平均助成額)

    採択予定団体数

    7団体程度(二期に渡って公募予定)

    助成期間

    2027年2月末を期限とする最大3年間

  • 主な流れとスケジュール

    1

    個別面談

    申請にあたっては、個別面談の利用を推奨しています。30分のMTGを各団体3回までご利用頂けます。

    2

    書類選考

    2024年6月17日(月)17:00を書類提出締切日とさせて頂いており、選考結果は6月27日(木)までにご案内させて頂きます。

    3

    最終選考

    最終選考の日程は以下を予定しています。選考委員へのプレゼンテーション形式で行います。

    2024年7月11日(木) 14:00-17:00

    2024年7月12日(金) 14:00-17:00

    4

    ガイダンス&契約

    選考委員からの指摘事項の反映などを行った上で、助成契約を締結いたします。

    契約ガイダンス: 2024年7月18日(木) 14:00-17:00

  • 助成事業の全体像

    (休眠預金等活用事業 提案時資料)

  • 説明会資料

    2023年12月13日、15日実施の説明会の資料になります

    2023年12月13日実施の説明会動画はこちらです

  • FAQ

    よく頂く質問への回答を以下のリンク先にまとめましたのでご確認ください。

    リンク先は外部サイト(Notion)へ移動します。

  • 個別面談に申し込む

    事前の個別面談を受け付けています。最新の決算書と提案事業の概要をご用意の上、リンク先のフォームより面談希望のエントリーをお願いします。エントリーいただいた団体に個別面談の予約フォームを送付させていただきます。

    なお、提案事業の概要は既存の資料をベースにして頂いてもかまいません。また、設立準備中や設立直後の法人の決算書は必須としていません。